頭がやけにざわめく。混乱する。感覚が落ち着かない。嵐が吹いている。ただ黙っている。目を閉じている。

 あまり自信を持ちすぎないことだ。驕らないことだ。誇らないことだ。

 そして進むことだ。それがむずかしい。

 ある程度の幻想や過信がないと、何かをやり遂げることは出来ないように思う。……ぼくが小説を書き始めてしまうのは、過信があるからだろうが、それをいつも完成させられないのは、過信が足りないからなんだろう。

 小説を書くなんて行為は、あまり意味のあることと思えない。誰かの役に立ったことがない。褒められたこともない。そんな馬鹿げたことに何時間も何百時間も費やすのだから、やり遂げるには信じなければ無理だ。

 信じる――。

 この物語に、自分の人生を懸ける価値があると、信じることだ。自分の時間を、懸ける価値があると……。

 そして、結局は値しない。

 ぼくの人生は生きるに値するか?

 するさ……だって今、ぼく生きてたんだから。

By 竹環

コメントを残す