メディア論の授業で有徴、無徴という考え方を知った。これは、ある漠然とした違和感の理由をクリアにする。主に文化人類学や表象文化論で重要視される概念である。

 俳優と女優。
 少年と少女。
 作家と女流作家。
 医者と女医。

 これらの言葉を扱う時、違和感がないだろうか。

 この場合、前者が無徴語、後者が有徴語となる。ジェンダーを考える際に、この有徴・無徴という考え方が注目されている。

 有徴とは、簡単にいうと、他とは区別するしるしがあるということになる。

 ある一つの村には、99人の村人と、1人の長がいるとする。長だけは特別な衣装を着ているが、他の村人は皆同じ服を着ている。この場合に、長の衣装には有徴性があるということになる。

 このような概念は、言語にもあらわれる。日本では、男性が就くことの多い職業名は、本来性別の区別はない無徴な語でありながら、男性であることが前提となってその意味に内包される。したがって、女性である場合は、それを示した有徴な表現を用いる

 看護婦は、看護師と言われるようになった。これは有徴な表現が無徴な表現に置き換えられたのだ。 

By 竹環

One thought on “表象における有徴、無徴”
  1. 有徴な表現を用いることは、あえてそれを他から切り離す事も意味する。「LGBTQ+」という言葉は、セクシャルマイノリティを有徴化した言葉である。そうすることで、世界に少数者の存在を知らせることができる。最終的にはこの言葉が使われなくなり、すべての人々が各々のセクシャリティにおいて無徴となったとき、誰もが生きやすい本当の平等が訪れたと言えるのではないだろうか。

コメントを残す