この前、なんだかとても落ち着かなくて、気晴らしになるかと夜、散歩に出た。

 のだけれど、寒くて寒くて。公園で立ち止まって私はぼんやり、この冬を乗り越えられるのだろうかと思った。冬は過酷な季節だ。静かで、冷たくて、凍えるような過酷さ。ひとりぼっちで、乗り越えられるのかな。

 冬という季節は、嫌いではないのだ。

 ただ、寒いのが苦手だなぁ。

 あるいはひとりぼっちではなければいいのかもしれないね。一緒に寒いねって誰かと言い合えるだけで、良いのかも。多分きっと。いやそんなの気休めなんだけれど。気休めくらいしか、できることはないじゃない結局。

 自分のために生きる、というのも限度があるんじゃないかなと思う。寒い季節、自分のためにどれだけ温かいスープを作ってあげられるだろう。誰かのためであればよほどいいのに。

 自分のために生きるのにはもうつかれたから、いなくなりたい。

 寒いのもひとりぼっちなのも悲しいから、いなくなりたい。

 言葉で誰かを温められたらいいのだけれど。

By 竹環

コメントを残す