かんぺきなものを、作らなきゃいけないような気がしてた。

いや違う……かんぺきなものを、作りたかった。だって、僕のすきなものはどれもかんぺきで、すばらしいものだったから。歩き出す時、それはいつも憧れではないでしょうか。なにかを、憧れずに目指すということができるだろうか?

『憧』という字が好きだなぁ。童の心。子ども心。憧れ。幼さと、おとなになった今、それはノスタルジー。

まぁぼくは今も子どもですけれどね。大人のなりそこないだから。

いつまでも積み木で遊んでいたいよ。飽きないから。

で、話を戻すと、かんぺきなものをつくりたいけど、そんなの無理だよってこと。

だからわたしは生きてる間、できるだけのことをして、できるだけ、できるだけのことをする。

それが最終的にはできそこないでも、何の価値もなくても、わたしには関係ない。私はいつか死ぬんだから。死んだ後、残してったものがどんな恥でも、わたしには関係ないもんね!

だから、わたしはゆっくり、最後に残すものをつくっていけばいいや。かんぺきじゃなくてもいいや。ただ、めざすだけ。一番星の輝きに、憧れて歩いていくだけなんだ。

By 竹環

コメントを残す